襟足 ウィッグ

襟足ウィッグは自然に使えて便利

つければヘアメイクの終わるフルウィッグは便利でも、アレンジ幅が限られてるし、何より不自然に見えないか心配なんてときには、襟足ウィッグを使うという手もありますよ。一般的なウィッグは頭部をすっぽりと包んでしまうものですよね。

 

襟足ウィッグは上は自分の髪を活かしたウィッグなので、つむじやツヤの不自然さからバレる事がなく、頭を包み込まないので蒸れにくく、ひとつで髪のボリュームアップもロングも楽しめるウィッグです。

 

襟足ウィッグのここが素敵

 

フルウィッグだと、髪の長さを変えたい時には、ウィッグそのものを取り換えるか、カットするしかありませんよね。でも襟足ウィッグなら、高い位置に付ければ短めに、低い位置に付ければロングヘアに出来るんです。

 

インナーキャップに地毛を押し込む必要もないので面倒臭くないですし、締め付けて頭が痛くなることも、押し込んだ髪でチクチクすることもありません。地毛と長さや髪質を合わせればボリュームアップになりますし、伸ばすのが大変なロングも一瞬、憧れのメッシュやカラーも地毛を傷めずに出来ちゃいます。

 

前後左右、少しでもズレると不自然なフルウィッグと違い、襟足ウィッグはかなり適当に付けても自然な仕上がりになりますしね。

 

襟足ウィッグってどこにつけるの?

 

呼び名が襟足ウィッグでも、絶対に襟足につけなければいけないというものではありません。こめかみの高さよりも下なら、どこでも違和感のない仕上がりになります。もちろん、どこでもというのは頭のどこでもという意味です。

 

背中まである地毛の毛先につけたり、地毛の表面につけるなんてアクロバットな事は不自然なので止めましょう。襟足ウィッグは地毛のトップを持ち上げ、下に残った地毛にとめて使います。つけ毛の上に地毛を被せて馴染ませ、ヘアアレンジを楽しむためのものですよ。

 

襟足ウィッグのつけかたは?

 

まずはこめかみより上の地毛をクリップやゴムでブロッキングしておきます。下に残った地毛に襟足ウィッグのコームをパチンと留め、ブロッキングしておいた地毛を被せ、ブラシや手ぐしで馴染ませれば完成です。

 

ショートヘアや髪の滑りが良すぎるかた、ウィッグのコームが緩めの時には、留める場所の地毛を小さなゴムで細い束にし、その結び目の上に差し込んで留めると安定しやすくなりますよ。

 

襟足ウィッグの横幅が合わないという時にはカットしてしまうという手もあるのですが、端についているコームが無くなるのは困りますし、ほつれてしまうのも困りますよね。横幅が合わなくても慌てずに、ウィッグを折り返して使用しましょう。

 

襟足ウィッグを自然に見せるコツ

 

せっかくお洒落を楽しむ以上は、いかにもつけ毛ですという見た目になるのは避けたいですよね。自然な仕上がりを求めるなら、以下の4点に注目しましょう。

 

  • 地毛と髪質の近いもの
  • グラデーションの入っているもの
  • 鮮やかなカラーのもの
  • 強めのカールのもの

 

自前の髪とよく似たウィッグやグラデーションは地毛と馴染みやすく、ウィッグだとバレにくいのはもちろんです。でもどうせなら思い切ったヘアアレンジに挑戦してみたいですよね。そんな時には、鮮やかなカラーやカールのあるものを選びましょう。

 

強めのカラーやカールは髪質の違いを目立たなくする効果があります。中途半端に地毛に近いウィッグを選ぶより、思い切った色や巻きのあるものを選び、イメージチェンジを楽しんでみるのはいかがでしょうか。